駅前の賃貸オフィスを借りるメリットとデメリットを考えよう!


駅前のオフィスの最大の魅力はアクセスの良さ

賃貸オフィスはなるべく駅前の方が良いという話をよく耳にします。そう言われる理由として最も大きいのは、オフィスのアクセスの良さでしょう。駅前にはバスターミナルやタクシー乗り場が設置されていることが多く、電車以外にも非常にたくさんの交通手段を利用することが出来ます。使える交通手段が多いと顧客も訪問しやすいですし、逆にこちらから取引先へ出向くことも容易になります。このように、交通の利便性が高いことが駅前の賃貸オフィスを借りる最大のメリットだと言えるでしょう。また、駅前周辺は飲食店なども充実しているため、充実したランチやアフターファイブを楽しむことも可能です。

賃料の高さがネック。室内が狭いことも…

駅前の賃貸オフィスは人気があるため、賃料が高めに設定されていることがほとんどです。コスト重視でオフィスを探している人にとっては、この点が大きなデメリットになることでしょう。もし、それほどアクセスの良さを気にしていないのなら、賃料を抑えるためにも駅から離れた場所にオフィスを構えるのも悪くはありません。
また、駅前のオフィスビルは、密集した場所に建てられているせいで室内が狭いというケースが多々あります。そのため、高い賃料を払って駅前にオフィスを開いても、使っているうちに「もっと広い場所にしておけば良かった」と後悔する人も多いようです。

敷地内に十分なスペースがないので、駅前のオフィスには駐車場が設けられていないこともよくあります。駅前の賃貸オフィスにはアクセスが良いというメリットがありますが、必ずしも快適に使えるわけではないということをしっかりと把握しておきましょう。

港区で賃貸事務所を探すには事務所に対応した不動産業者に相談するのが基本です。専門会社か大手会社が候補になります。