注文住宅の住宅ローン!金利について考えておこう


住宅ローンの金利を知るのは大切

注文住宅を建てるときには住宅ローンを利用するのが一般的ですが、ローンを使った経験がないと金利についてきちんと理解できていないことがあります。新しい住まいで生活をしながらローンの返済をしていくことになるというのは想像できるでしょう。その返済額は元金をそのまま返せば良いというわけではなく、借りている金額と金利、期間に応じた利息分も合わせて返済しなければなりません。金利が高いほど利息が大きくなり、年利で計算するのが一般的なので期間が延びるほど総額が大きくなっていくことになります。そのため、住宅ローンの負担を軽減するためには金利が低いものを選ぶことが大切です。ただ、金利はかなり複雑なのでどう考えるべきかで悩みがちになっています。

金利の種類と特徴を考えよう

金利は一般的には固定金利と変動金利の二つに分類されます。住宅ローンの場合には住宅支援機構が主に提供している固定金利かつ低金利のものが人気ですが、他にも変動金利や固定金利と変動金利を組み合わせたものも金融機関から提供されています。基本的には初期の金利は変動金利の方が低く設定されているので魅力的です。ただ、変動金利は金利が変わるリスクがあり、上がっていってしまうと返済が苦しくなるリスクがあります。固定金利の場合には期間中はずっと同じ金利ですが、金利が高めに設定されているので負担は大きめになります。資金計画を立てやすいという点でリスクが低いのが魅力です。どちらも一長一短なので特徴を理解して決めるようにしましょう。

愛知の注文住宅の特徴の一つとして、有名な観光スポットの付近に建てることができるというものがあります。