土地探しではまず何をするの?広い日本にいろいろな価格の土地から探すのは大変!!


住みたいエリアを決めて土地を探す

アメリカやロシアに比べると日本は狭い国なので、住みやすい土地を探すのも簡単に感じるかもしれません。しかしいくら狭いと言っても日本全国の土地をくまなく見ようとすると何十年かかるかわかりません。理想としては住みやすい土地を探したいのでしょうが現実には難しく、条件を絞り込んだうえで探す必要がありそうです。土地探しをするときにはまず住みたいエリアを決めましょう。今している仕事の職場から通勤しやすいエリアであったり、住みたい街ランキングの上位のエリア、その他子育てのサポートなどが受けやすいエリアなどがあるかもしれません。エリアを決めたらエリア内にある不動産会社に相談をして、希望に合った土地がないかを探してもらうと良いでしょう。

土地によって価格が異なる

オフィス街などに新築の家はほとんど建てられませんが、それは土地の価格が非常に高いからかもしれません。同じ広さの土地でも場所ごとに相場がありそれに準じて価格が決められています。これから家を建てるために土地を探すときにいくらでも予算がある人は少なく、土地と建物を合わせていくらくらいまでは決めているはずです。本格的に土地を探すのであれば家全体の価格の中で土地にどれくらいかけられるのかを決める必要があります。都市部に近いほど地価が高いので郊外に比べると狭くなります。広い家を建てたいなら都市部では見つけるのは難しいでしょう。一方狭小住宅などでもいいと考えているなら都市部でも探せる可能性があり選択肢も広がるはずです。

土地探しであれば、専門の会社に依頼するのがおすすめです。面積や費用などの条件に照らし合わせて、最適の場所を見つけてくれます。