土地を探す際に頭の中で整理しておきたいこととは?


希望条件を整理しておくことの重要性

家を建てるために土地探しをする場合には、あらかじめどういった土地を希望するのかを頭の中で整理しておく必要があります。余の中には膨大な物件情報が溢れていますし、不動産業者は言葉巧みに自社が抱えている物件を売ろうとしてきますので、それらの情報を選別できる基準が自分の中で定まっていないと、購入してからこんなはずではなかったと後悔することになりかねないためです。自分だけでは希望条件整理する自信がないということであれば、配偶者や子供、場合によっては両親などと相談してみるとよいでしょう。

どういった点を重視すべきか

希望上件を整理する際にはいくつか重要となるポイントがあります。まず、なんといっても大事なのは、どのエリアの土地を希望するかということです。通勤や通学の利便性に加えて、そのエリアの治安や環境も重視して希望する場所を絞り込むようにしましょう。ただし、あまりにエリアを絞り込みすぎるとかえって条件に当てはまる物件がなくなってしまう恐れがあるため、絞り込みは最寄駅とそこからの距離までに留めるべきです。

また、それ以外に重要なのが、物件の広さと形状です。広ければ広いほどよいという方もいますが、広大な土地を持っていると管理が大変ですし、固定資産税も馬鹿になりません。家族構成やライフスタイルを踏まえてどれくらいの広さが必要かを確りと見極める必要があります。一方、形状については、整形地であるに越したことはないのですが、都市部のように地価が高いエリアでは旗竿地などの不整形地も考慮に入れておいて損はありません。不整形地の最大の魅力は周辺よりも価格が大幅に安い点ですので、特に気になるデメリットがなければ購入してもよいでしょう。

ミニバンの乗用車として知られるランディですが、そのネーミングは大地を意味するランドがもとになっています。