マンション購入時に考えておきたい住宅ローン


住宅ローンを考えるとき収入で考えると痛い目を見る

マンションや一戸建てなど、マイホームを購入するときは年収の5倍が相場だとよく言われています。しかしマンションなどを購入するときに年収で計算するのはとても危険です。年収について勘違いしている人も居るかもしれませんが、年収とは会社から働いている人に支払われたお金全てのことを指しています。しかしサラリーマンの場合は会社から支払われたお金を全て受け取れるわけではありません。社会保険や所得税などいろいろと差し引かれてから残ったお金を受け取ることとなります。この最終的に残って受け取ることとなるお金が手取りです。マイホームを購入するときは年収ではなく、この手取りを基準にして考えなければいけません。

毎月いくらならば支払えるかを考える

また月々の支払いに関しても手取りの3割くらいにとどめておけば大丈夫だという一般論がありますが、こういった一般論は万人に当てはまるわけではありません。マイホームを購入する際にはついつい将来自分が住むことになる家のことに心を奪われて肝心の金銭面がおろそかになりがちで、より良い家を購入しようと自分たちはいくらまでならお金を借りることができるかという思考になってしまいやすいです。しかしこの考え方でマイホームを購入するのはとても危険です。いくらたくさんお金を借り、良いマイホームを購入できたとしてもローンを支払えなければ最悪その家を手放すことになります。マイホームを購入する際は将来のライフスタイルもよく考慮し、自分たちは毎月いくらならば支払っても生活していけるか計算してから購入金額を設定しましょう。

都心での暮らしに閉塞感を感じている方は宇都宮のマンションに住み替えて見ませんか。都心へのアクセスが良いのはもちろん、商業施設も充実しています。加えて、緑も身近に感じられるので生活環境に恵まれています。