注文住宅のコツ!間取りを工夫すれば理想の住宅が作れます


コスト重視なら間取りはシンプルにしよう

住宅を建築するときに知っておきたいのが間取りです。基本的に間取りはシンプルなほどコストが安くなると言われています。これはなぜなのかというと、間取りを複雑にすればその分材料が必要になってしまうからです。例えばたくさん部屋を作れば仕切りになる壁も多くなるのがネックです。これにより壁を作るための材料が沢山必要です。また凹凸などが多い間取りも注意が必要でしょう。凹凸が多いと材料が増えてコストがアップします。余計な仕切りをなくし、できるだけシンプルにするのがローコストな間取りのコツです。また水回りはできるだけ1つの場所にまとめます。離れた場所に設置すると都度水道工事が必要で、コストアップするのがネックです。

生活動線を考えるのが大事です

住宅を快適に使うには生活動線を重視しましょう。これは生活をするときに重要なもので、日常生活をするときに部屋から部屋へ移動するときの動きを指します。特に重要なのが家事動線で、主婦が家事をするときの快適性に関わります。家事動線を重視すれば食事の準備からお風呂の準備まで快適に作業できます。例えば買い物をしたときには食材を仕舞う場所と料理をしたときのゴミを捨てる場所を考えます。これが1つの動線上にあるのならスムーズに一連の流れを行えます。離れた場所にあるといちいち移動距離が長く使いにくくなってしまいます。来客動線も重要でお客さんが自宅に来たときに、玄関からお風呂やトイレが見えないような間取りにしましょう。来客と家族の動線がかぶらないように工夫をするのも大事です。

名古屋の注文住宅の狙い目は、市営地下鉄やJRの終点付近の駅です。中心部から離れているので、リーズナブルな上に、始発の電車が多いので、通勤ラッシュ時も座って通勤する事が出来ます。