予算を抑えるには人件費もカギになる!?床面積を減らしてコストカット


予算にゆとりを生む設計プランづくり

設計プラン作りの中で、もっともローコスト効果が高いのは、床面積を減らすことです。基礎や外壁、屋根などが小さくなるので、その分、コストが浮いて予算にゆとりが生まれます。家造りでは、つい購入した土地ギリギリのところまで、家を建てないともったいない、4人家族なので、30坪ぐらいは必要などと、できるだけ広くすることだけに気を取られがちですが、実際の広さが25坪であっても、プランの工夫次第では、狭さや不便さを感じることなく暮らせる家は建てられますよ。たとえ、敷地が余ったとしても、それはもったいないことではなく、将来的に必要になったときに増築できるゆとりがあるぐらいに考えておきましょう。

床面積を小さくすれば人件費もコストカットできる

家造りの費用の中で、ついつい家の設備や中のことに目がいきがちですが、大きな割合を占めるのが、人件費です。仕様にもよりますが、一般的に大工さんの工費は1坪あたりで計算されています。そのため、床面積を小さくすることで、それだけ人件費もカットすることができます。そのため、できるだけ無駄なスペースを省いたコンパクトなプランが正解です。廊下をつくらないで、LDKと水回りを直結させたり、反対に通路幅を広くとって、そこに廊下以外の機能ももたせて暮らしに役立てるなど、面積も目いっぱい使えるプランを工夫しましょう。

他にも、仕切りを最小限にして、LDKすべてが直結したオープンスタイルにして、二階への階段をリビング内に設け、洗面や浴室といった水回りも扉一枚でつなげて省スペースにする方法もありますよ。二階の吹き抜けもリビングとオープンにつながるようにすれば、コンパクトで予算を抑えられるうえ、開放感のある住まいを手に入れることができるでしょう。

最寄り駅までの距離など、立地や家の大きさにもよりますが、東京都心で新築2000万の家ならば安い家の部類に入ります。